メルカリでやらかす。

メルカリを初めて、不用品を売り始めている。

 

不用品といっても、販売時に気を付けなければいけないのが送料である。

確認しないまま、価格をつけると利益が吹っ飛ぶことがある。

今回販売した、ボディショップのシャワージェルだが、φ6㎝だ。これは、メルカリ便を使うと、700円も取られることになる。比較的小さい商品でも厚みがあれば、高くなるのだ。

一つ、販売して利益は400円ほど買った金額よりも安くなってしまった。使わないからよかったとも言えるが、やはり、予想以外の出費になってしまったことは反省をしなくては。

 

今回、勉強したこと。

販売価格の設定は送料の選定を考慮に入れる。

A4サイズに収まるかどうかが鍵になってくる。
送料の選定をしたうえで、販売価格を決め、それが市場のニーズに合っていないなら、せどり商品として扱わない。

一方、使わないものだとしたら、ほかの価格に合わせてさっさと売る。

 

早く売れ!!回転率を高めよ!